学校

お弁当にチーズは大丈夫?常温での保存とおすすめレシピ紹介!

お弁当にチーズは大丈夫?常温での保存とおすすめレシピ紹介!
Pocket

この記事では『お弁当にチーズは大丈夫?常温での保存とおすすめレシピ紹介!』と題してお届けします。

お弁当にチーズを加えても大丈夫でしょうか?

室温での保管時にチーズが劣化することがあるため、お弁当に入れるのは避けた方がいいのでしょうか?

ですが、子供のお弁当にチーズを入れたいと思うこともあるでしょう。

本記事では、お弁当にチーズを加えるのが適切かどうか、またチーズが常温で安全に保たれるかどうかをご紹介します。

また、チーズを使ったお弁当レシピも紹介しています。

最後までお楽しみ下さい。

 

お弁当にチーズは適切か?

お子様のお弁当にキャンディー型やスライスチーズを使用したいと思うこともあるでしょう。

しかし、チーズは冷蔵が必要な乳製品で、特に温度変化に敏感で腐りやすいナチュラルチーズが問題になります。

常温での保管はチーズにとって危険であり、お弁当に入れる際は食中毒のリスクが高まるため、非常に注意が必要です。

理想的には、チーズを使用する場合は冷蔵状態を保つことが望まれます。

結論として、チーズはお弁当には不向きな食材であると言えます。

安全性を最優先に考慮し、リスクを避けるためにも、お弁当でのチーズの使用は控えることをお勧めします。

 

お弁当でのチーズ使用時の注意点

お子さんがチーズを好むので、お弁当に入れたいと考えるのは理解できます。

しかし、生のチーズをそのままお弁当に追加するのは推奨されていません。

お弁当にチーズを入れる場合、必ず加熱調理を施してください。

例えば、はんぺんにチーズを挟んで焼いたり、茹でたジャガイモにチーズを乗せてトースターで焼くなど、加熱する方法があります。

これによりチーズは安全に食べられる状態になります。

加熱後のチーズ料理をお弁当に入れる際は、しっかり粗熱を取り除き、保冷剤を添えることが大切です。

これによってチーズが安全に保持され、食中毒のリスクを減らすことができます。

特に注意が必要なのは、加熱しないキャンディーチーズのようなタイプです。

これらはお弁当には適していません。

お弁当にチーズを使用する際は、加熱して安全を確認したチーズ料理のみを選び、常温保存や生チーズの使用を避けるようにしましょう。

 

お弁当に入れるチーズのレシピ

やっぱりチーズを使った料理は、子供たちにとても人気があり、お弁当に加えたいですよね。

チーズはアレンジがしやすく、栄養価も高いので、さまざまな種類のチーズを上手に活用することができます。

スライスチーズは使い勝手が良く、キャンディチーズのように見た目も楽しいチーズは、お弁当のアイデアにもぴったりです。

お弁当に、加熱するチーズ料理おすすめのレシピを紹介します。

 

鮭とチーズの一口焼き

色とりどりで楽しいこのおかずは、子どもたちが喜んで全部食べてくれることでしょう。

材料

  • 甘塩鮭 1/2切れ(40g)
  • ゆでにんじん、スライスチーズ 各適量

作り方

  1. 鮭を3cm四方にカットし、トースターで加熱します。
  2. 熱いうちに鮭と同じ大きさにカットしたチーズを乗せ、お好みの形に抜いたにんじんを添えます。

 

トマトとチーズの焼きシュウマイ

シュウマイの皮がパリッと香ばしく、トマトとの組み合わせが絶妙です。

材料

  • 豚挽き肉 300g
  • 酒、片栗粉 各大さじ1
  • おろししょうが 小さじ1
  • 塩 小さじ1/4、こしょう 少々
  • ミニトマト 15個
  • プロセスチーズ 30g
  • シュウマイの皮 30枚
  • サラダ油、ごま油 各大さじ1/2
  • 水 1/4カップ
  • しょうゆ 適量

作り方

  1. ミニトマト5個を細かく切り、残りの10個を3等分にスライスします。プロセスチーズも5mm角にカットします。
  2. 挽肉、酒、片栗粉、おろししょうが、塩、こしょうをボウルに入れ、よく練り混ぜます。そこに切ったトマトとチーズを加えてさらに混ぜ合わせます。
  3. 混ぜた具材をシュウマイの皮で包み、スライスしたトマトを上に乗せます。
  4. フライパンにサラダ油を中火で熱し、シュウマイを並べて焼き色を付けます。焼き色がついたら水を加え、フタをして3〜4分蒸し焼きにします。火が通ったらフタを取り、ごま油を回し入れてさらに香ばしくします。
  5. 仕上がったシュウマイを皿に盛り付け、お好みでしょうゆをかけて完成です。

 

チーズとじゃがいものもちもち焼き

じゃがいものもちもち感と溶けたチーズが絶妙に合わさる料理です。

材料
(6個分)

  • じゃがいも 大2個
  • 片栗粉 大さじ3
  • 塩 小さじ1/3
  • レッドチェダーチーズ 60g
  • バター、オリーブ油 各大さじ1
  • しょうゆ、焼きのり 各適量

作り方

  1. じゃがいもを茹でるか、電子レンジで柔らかくします。熱いうちに皮を剥き、マッシャーでつぶし、片栗粉と塩を加えてよく混ぜ合わせ、6等分にします。
  2. チーズを6等分に切り、1のじゃがいも生地の中心に入れて丸め、太鼓形に成形します。
  3. フライパンにバターとオリーブ油を入れて中火にし、2を焼きます。両面に焼き色がつくまでしっかり焼き、しょうゆをブラシで塗り、焼きのりで巻いて完成です。

 

手作りカップキッシュ

簡単で栄養満点のカップキッシュです。

アルミカップを使って手軽に作れます。

材料
(6個分)

  • ミックスベジタブル 大さじ3
  • ソーセージ 1本
  • 溶き卵 2個分
  • 牛乳 大さじ4
  • 粉チーズ 大さじ1.5

作り方

  1. ミックスベジタブルを熱湯でさっと茹でて水気を切り、ソーセージは小口に切ります。溶き卵、牛乳、粉チーズを混ぜ合わせます。
  2. 直径7cmのアルミカップに1を等分に入れ、予熱したオーブントースターで9〜10分焼きます。表面が焼けたらアルミホイルをかぶせて仕上げます。

 

まとめ

『お弁当にチーズは大丈夫?常温での保存とおすすめレシピ紹介!』いかがでしたか?

チーズは非常に傷みやすいので、お弁当に直接加えるのは避けた方が良いです。

特に常温での保管は避けるべきです。

お弁当にチーズを使う場合は、加熱処理を行い、安全に楽しんでください。

料理後は粗熱をしっかり冷まし、保冷剤を忘れずに使用してください。

これにより、お弁当でチーズを安全に利用することができます。

それでは、この記事がお役に立てればうれしいです。