生活

初夏の訪れと特色!咲く花や旬の味覚は?立夏との違いも解説!

初夏の訪れと特色 咲く花や旬の味覚は? 立夏との違いも解説
Pocket

この記事では『初夏の訪れと特色!咲く花や旬の味覚は?立夏との違いも解説!』と題してお届けします。

初夏が始まるのはいつからでしょうか。

この時期に見られる特有の花々や、味わい深い旬の食材にはどんなものがあるのでしょうか?

さらに、立夏と初夏はどのように異なるのかについても考えてみましょう。

初夏がいつからいつまでかは一般的にはあまり知られていません。

今回は、手紙でよく使われる「初夏の候」という言葉の意味や使い方を解説します。

新緑が眩しく、爽やかな風が心地よいこの季節が多くの人に初夏と感じられることでしょう。

ただし、いつから初夏なのかを尋ねられると、答えるのが難しいですね。

昔から季節の変わり目を理解することは重要でした。

そこで、どの時期を初夏と見なすか、そして「初夏の候」というフレーズが持つ意味について詳しく調べてみました。

 

初夏とは?その期間と意味

初夏は夏の序章を意味し、旧暦に基づく季節の区分により定義されます。

具体的には、旧暦では季節を三か月ごとに分けて名付けています。

  • 早春(一月)
  • 仲春(二月)
  • 晩春(三月)
  • 初夏(四月)
  • 仲夏(五月)
  • 晩夏(六月)
  • 初秋(七月)
  • 仲秋(八月)
  • 晩秋(九月)
  • 初冬(十月)
  • 仲冬(十一月)
  • 晩冬(十二月)

 

新暦では、初夏は大体五月から始まります。

二十四節気を用いると、初夏は立夏から芒種まで、つまり5月上旬から6月上旬までの期間を指します。

 

 初夏と立夏の区別

立夏は二十四節気の一つで、毎年5月5日頃、太陽の黄経が45度に達した日を指します。

立夏はこの日から次の節気である小満までの期間、約5月20日頃までとされています。

対して初夏は立夏の日から始まり、芒種までの時期を包括します。

 

「初夏の候」とは何か?使用すべき期間は?

「初夏の候」とは5月上旬から6月上旬にかけての期間を指し、手紙やはがきで使われる表現です。

一般的にビジネスシーンや目上の人への文書で用いられ、友人間では少々堅苦しいかもしれません。

「候」は季節を意味するため、「初夏の候」とは「初夏になりました」という意味です。

この表現は初夏の期間に限定されるべきです。

 

初夏の候の正しい使用法

初夏の候は季節に即した挨拶として用いられるべきです。

他の季節でこの表現を使用するのは不適切です。

 

 初夏の候を活用した文例

例えば、ビジネス文書で初夏を迎えたことを伝える際には、「初夏の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます」というように使うことができます。

この表現は特に公式の場やビジネスの文書において効果的です。

季節の変わり目を挨拶として取り入れることで、書き手の気遣いや敬意が相手に伝わりやすくなります。

このように、「初夏の候」という言葉は季節感を表現する上で非常に便利なフレーズです。

適切な期間と文脈で使用することで、文書やコミュニケーションに豊かさを加えることができるでしょう。

 

 初夏の風習と行事の概要

初夏、特に5月上旬から6月上旬にかけては、日本各地で多様な伝統行事が行われます。

ゴールデンウィークの終わり頃から初夏がスタートし、端午の節句にはこいのぼりを飾るなどの行事が広く行われています。

また、この時期には菖蒲湯に浸かったり、菖蒲を使ったお酒を楽しむ風習があります。

これは、菖蒲が「勝負」や「尚武」といった武家社会の価値観と関連して重宝されていたことに由来します。

柏餅を食べる風習もあり、柏の葉が長持ちする性質から子孫繁栄を願う意味が込められています。

さらに、忠義を象徴する粽を食べる風習もあり、これらはすべて忠誠心を表す文化の一部として受け継がれています。

 

初夏に楽しめる地域イベントと祭り

初夏には、地域ごとに特色ある様々なイベントが催されます。

例えば、灯篭流しは一部の地域で6月初旬に開催され、訪れる人々に癒しを提供します。

また、母の日は5月の第二日曜日に祝われ、日本全国の商業施設で様々なフェアが開催されます。

群馬県では華蔵寺公園で花まつりが、東京では根津神社でつつじまつりがそれぞれ盛大に行われ、多くの人々で賑わいます。

和歌山県ではみやまの里で美しい藤の花を楽しむふじまつりが開催され、春の終わりから初夏にかけての風情を味わえます。

 

 初夏におすすめの旬の食材

初夏は新鮮で美味しい旬の食材が豊富に市場に出回ります。

アスパラガスはこの時期が旬で、新鮮なものが食卓を彩ります。

ニラは春から初夏にかけてが最も美味しい季節で、料理のアクセントとして重宝されます。

椎茸は春と秋に旬を迎え、春に収穫される椎茸は特に香り高く人気です。

グリーンピースは甘く、この季節に収穫されると料理の味わいを豊かにします。

しらすは春と秋が旬で、特に春のしらすはその新鮮さで知られます。

鯵は5月から7月が旬で、和食では欠かせない食材です。

キウイフルーツとグレープフルーツもこの時期に旬を迎え、爽やかな味わいで人気があります。

 

初夏の花々:美しい季節の訪れを彩る花たち

初夏、5月上旬から6月上旬にかけて、さまざまな花が咲き乱れます。

この時期に特に美しい花たちを紹介します。

 

 アジサイ

6月から7月にかけて、アジサイは豊かな色彩で咲き誇ります。

 

タチアオイ

タチアオイは5月から8月にかけて、鮮やかな花を咲かせます。

 

アヤメ

アヤメは4月から5月にかけて開花し、初夏の訪れを告げる美しい花です。

 

アガパンサス

アガパンサスは6月から8月にかけて、華やかに花開きます。

 

クチナシ

クチナシは6月から7月、特に6月に最も美しく咲きます。

 

ハマナス

5月から8月にかけて、ハマナスは海辺で魅力的な花を咲かせます。

 

 シバザクラ

シバザクラは4月から5月にかけて、北アメリカ原産の地で広く開花します。

 

ヤマボウシ

5月にヤマボウシは白やピンクの花を咲かせ、後には果実をつけます。

 

 ビバーナム

5月から6月にかけて、ビバーナム・スノーボールは雪のような花を見せます。

 

サツキ

サツキは5月から6月に美しい花を咲かせ、日本の庭園を彩ります。

 

 テッセン

5月から7月にかけて、クレマチスの一種であるテッセンが華麗に咲きます。

 

ホタルブクロ

6月から7月にかけて、ホタルブクロがそのユニークな花を開花させます。

 

エニシダ

エニシダは4月から6月にかけて咲き、初夏の自然を美しく飾ります。

 

エルダーフラワー

5月から6月にかけて、エルダーフラワーはヨーロッパを含む多くの地域で見られます。

 

バラ

5月から11月にかけて、バラはその長い期間で多くの人々を魅了します。

 

ナスタチウム

ナスタチウムは5月から11月まで長く美しい花を咲かせ続けます。

 

シャクヤク

シャクヤクは3月に市場に登場し、5月から6月にかけて開花します。

 

ニゲラ

ニゲラは春から夏、4月から7月にかけてその魅力的な花を咲かせます。

 

デルフィニウム

5月から6月にかけて、デルフィニウムはその壮大な花を広げます。

 

初夏の季語に関する考察

初夏は古来から「夏の初め」として詩句に詠まれ、文学や芸術において重要なテーマとされています。

松尾芭蕉や原石鼎の句では、この季節の移り変わりが繊細に表現されています。

 

まとめ

『初夏の訪れと特色!咲く花や旬の味覚は?立夏との違いも解説』いかがでしたか。

初夏は旧暦の四月に相当し、現代では5月上旬から6月上旬とされます。

この時期は温暖で過ごしやすく、初夏特有の行事やイベントが多く行われます。

母の日や地域の花祭りなどがこの時期の代表的な行事です。

また、アスパラガスや鯵など旬の食材が豊富に楽しめるほか、多種多様な花が咲き誇り、ガーデニングや花見に最適な季節です。

「初夏の候」という言葉も、この時期に手紙やはがきで用いられることが多く、季節の挨拶として活用されます。

初夏の定義を理解し、この美しい時期を存分に楽しむことができます。

それでは、この記事がお役に立てればうれしいです。