学校

大学の入学式に男子学生はカバンいる?バッグやリュックのスタイリングのポイントを説明!

大学の入学式に男子学生はカバンいる?バッグやリュックのスタイリングのポイントを説明!
Pocket

この記事では『大学の入学式に男子学生はカバンいる?バッグやリュックのスタイリングのポイントを説明!』と題してお届けします。

春が深まり、大学の新学期が始まると、新入生たちは入学式の準備に忙しくなります。

男子学生の中には「スーツさえ準備すれば問題ない」と考える人もいますが、実は入学式で持つべきバッグの選択も重要です。

私の経験をもとに、適切なバッグの選び方について解説します。

特に以下のような点を詳しく説明します:

  • 入学式にはバッグを持つ必要があるのか?
  • 普段使いのバッグをそのまま使っても大丈夫か?
  • リュックを選んでも問題ないのか?
  • バッグの大きさや色選びについてのアドバイス

入学式当日の慌ただしさを避けるためにも、これらの点を事前にしっかり把握しておくことが大切です。

それでは『大学の入学式に男子学生はカバンいる?バッグやリュックのスタイリングのポイントを説明!』最後までお楽しみください。

 

大学の入学式に男子学生はカバンいる?

「入学式にバッグを持って行く必要はあるのか?」という疑問に対して、実はどちらでも良いというのが一般的です。

大学の入学式では服装や持ち物に厳密なルールは設けられていません。

しかし、式の際に配られる書類や、終了後にもらうセミナーのチラシなどがあるので、バッグを持っていると後で便利です。

実際、私を含め、多くの学生が様々なバッグを持っていました。

特に男子学生には、配布される資料やチラシを入れるためにバッグが役立ちます。

バッグを持っていない学生は、たくさんのチラシを手に持って大変そうでした。

 

大学の入学式にどんなバッグを選ぶべき?

多くの学生はさまざまなタイプのバッグを使用していました。

リクルートバッグが一般的ですが、普段使いのバッグがあればより便利です。

特にルールはないので、派手すぎず、汚れが目立たないものであれば問題ありません。

リクルートバッグは就活には役立ちますが、普段はあまり使わないかもしれません。

そこで、トートバッグがおすすめです。

大きめで暗めの色(ブラックやネイビーなど)であればスーツにも合わせやすく、日常の通学にも便利です。

入学後はゼミ旅行など泊りがけのイベントも増えるため、大きめのトートバッグがあると重宝します。

本革や合成革のバッグも、入学式で使っても問題ありません。

 

大学の入学式における男子学生のバッグ選び:リュックは適切か?

リュックが好みの男子学生もいるでしょう。

大学の入学式ではリュックを持っていくこと自体に問題はありませんが、日常的なスポーツタイプのリュックはカジュアルすぎる恐れがあるため、選ぶ際には慎重に。

最近ではビジネススーツに合わせられるデザインのリュックも多く出ていますので、そういったものを選ぶのが良いでしょう。

実際、スーツを着用してリュックを背負っている人も増えていますが、まだ一部の人に限られています。

将来の就職活動を考慮すると、リュックの使用は控えめが望ましいです。

 

入学式に男子学生が選べるバッグの種類:トート・リュック以外

日常で使いやすいトートバッグのほかにも、リュックやトート以外のバッグも選択肢に入ります。

 

入学式の男子学生にショルダーバッグ

リクルートバッグやブリーフケースの中にはショルダーバッグタイプのものもあり、これらは2wayで利用できるものが多いです。

手持ちでも、ショルダーとしても使える便利さが魅力です。

 

入学式の男子学生にパソコンバッグ

ノートパソコン専用に設計されたバッグは、一般のバッグより薄型で、頑丈な造りが特徴です。

しかし、スポーツ用品やサークル活動での道具などを一緒に運ぶのには向いていないことも。

その点を考えると、パソコンを収納できるリュックの方が便利かもしれません。

 

入学式の男子学生にブリーフケース

もともとは法律関連の文書(ブリーフ)を運ぶために使われたバッグで、現在はA4サイズの書類やパソコンを収めるビジネスバッグとして使われています。

リクルートバッグよりもカジュアルなデザインのものもありますので、入学式に持っていくバッグのタイプは自由ですが、色やデザインの選択は大切です。

 

入学式の男子学生のバッグのサイズや色の選び方

さまざまなバッグの種類を紹介しましたが、最後に重要なのがサイズと色の選び方です。

 

入学式で男子学生が選ぶバッグの色

色に関しては、一般的にブラックやネイビーなどの暗めの色が無難です。

靴、ベルト、バッグを同じ色で揃えると統一感が生まれ、スタイリッシュに見えます。

 

入学式で男子学生が選ぶバッグのサイズ

サイズは、A4サイズの書類が入るものを選ぶことが重要です。

入学式の日にはガイダンスで書類が配布されることも多いため、大きめのバッグを持っていくことをおすすめします。

 

大学入学式にぴったりなバッグブランドガイド

多種多様なビジネスバッグが、紳士服メーカーやファッションブランドから発売されています。

どのブランドのバッグを選んだら良いか迷っている方向けに、人気ブランドとその価格帯をご紹介しましょう。

 

大学入学式にぴったりなバッグブランド:ポーター

◆価格帯:約1万5000円~

初めてビジネスバッグを選ぶ人にも親しみやすいデザインが豊富で、カジュアルなタイプもあり、日々の使用にも適しています。

 

大学入学式にぴったりなバッグブランド:オロビアンコ

◆価格帯:約2.5万円~

大学生からビジネスシーンまで広く愛用されるブランド。品質は高いものの、価格もそれなりに高めです。

 

大学入学式にぴったりなバッグブランド:タケオ キクチ

◆価格帯:約2万円~

丈夫で高品質な作りが特徴で、自立するタイプのバッグが多く、就職活動にも活躍しますが、価格は少々高いです。

 

大学入学式にぴったりなバッグブランド:洋服の青山

◆価格帯:約6000円~3万円

スーツに特化した店として知られる青山は、幅広い価格帯のバッグを取り揃えています。迷ったら、店舗で実物を確認するのも一つの方法です。

 

大学入学式にぴったりなバッグブランド:オリヒカ

◆価格帯:約1万円前後

紳士服のAOKIが展開するブランドで、手頃な価格でありながら機能性も充実しています。 これらのブランドはビジネスバッグの定番であり、口コミや実際の使用感を参考に選ぶことができるため、失敗しにくいです。バッグ選びに迷っている方は、これらのブランドを参考にしてみてください。

 

大学入学式での男子学生のバッグと服装のコーディネート

大学入学式では、男子学生の多くがスーツを着用します。

紺、グレー、黒などの暗い色が一般的です。

黒系のバッグはこれらのスーツにマッチしやすいです。

茶色系の合成皮革バッグは洗練された雰囲気ですが、カジュアルに見えることもあるため、新たに購入する際は黒系が安全です。

明るいブルーやブラウンの派手なスーツも良いですが、就職活動には不向きですので、購入時には注意が必要です。

 

まとめ

『大学の入学式に男子学生はカバンいる?バッグやリュックのスタイリングのポイントを説明!』いかがでしたでしょうか。

「大学入学式の男子学生のバッグ選びと服装コーデ」についてもご紹介しました。

入学式に適したバッグの選び方について様々なアドバイスをしましたが、参考になりましたか?

大学入学式は正式な行事であり、バッグの選択は自由ですが、スーツに合わせたものを選ぶのが望ましいです。

また、長く使えるバッグを選ぶことが重要です。

大学生活で日々使えるバッグや就職活動にも適するバッグが最適です。

私の経験では、大学生活に役立つバッグの方が長く使えます。

就職活動は約3年後から始まるため、その時までには好みが変わることもあります。

結論としては、派手すぎず汚れが目立たない黒系のバッグであれば、日常使いのものでも問題ありません。

新しいバッグを購入する場合は、今後の大学生活で活用できるものを選ぶと良いでしょう。

それでは『大学の入学式に男子学生はカバンいる?バッグやリュックのスタイリングのポイントを説明!』最後までご覧いただきありがとうございました。