生活

神輿を担ぐ際の肩のトラブル!対処法と女性へのアドバイス!

神輿を担ぐ際の肩のトラブル!対処法と女性へのアドバイス!
Pocket

神輿を担ぐ際の肩のトラブル!対処法と女性へのアドバイス!と題してお届けします。

神様の御神体を乗せる乗り物「おみこし」!

おみこしを担ぐのは名誉なことなんですが一方で、とっても重い!!

「神輿を担いだあと、肩が痛くなってしまいましたが、心配なことでしょうか?」

「パートナーの肩にも腫れが出ているのですが、どう対応すればいいですか?」

「私も間もなく神輿を担ぐことになりますが、女性でも肩に同じような症状が現れることはあるのでしょうか?」

日本の祭りに欠かせない神輿ですが、長時間担ぐと肩への負担が大きく、腫れや痛みが生じることがあります。

肩の不快感を初めて経験される方は、その原因や対応方法を知りたいと思うでしょう。

この記事では、神輿を担ぐ際に起こりうる肩の問題、その原因と対策方法、特に女性が担ぐ際の注意点を解説します。

神輿を担ぐ予定の方や、既に肩の違和感をお持ちの方は、ぜひこの情報を参考にしてください。

 

神輿を担ぐときの肩の違和感と対応策

神輿を担ぐことで肩に違和感を感じるのは一般的なことです。

人によって症状は様々で、場合によっては肩が著しく腫れることもあります。

長年神輿を担ぎ続けた人々には、比較的小さな腫れが一般的ですが、その見た目が気になることもあります。

しかし、祭りで活躍することは多くの人にとって大きな誇りです。

肩の違和感の主な原因は「長時間にわたる神輿の担ぎ過ぎ」です。

神輿の重さは部位により異なり、非常に重いものでは1トンを超えることもあるそうです。

例えば、特定の祭りでは神輿の重量が2トンに達することもあります。

重たい神輿を長時間担ぎ続けることで、肩には大きな負担がかかり、それが炎症を引き起こす原因となります。

その結果、肩には顕著な腫れが生じることがあります。

これが「神輿だこ」と言われるものです。

 

神輿による肩の滑液腫:自然に治ることはあるの?

神輿を担いだ後にできる肩のこぶは、「神輿ダコ」と呼ばれ、主に関節液が溜まることが原因です。

この液体はヒアルロン酸やタンパク質を含んでおり、関節をスムーズに動かす助けとなります。

これは、膝に水が溜まる症状に似ています。

通常、神輿ダコは特別な治療を行わなくても時間が経つと自然に消えることが多いですが、毎年神輿を担ぐと、関節液が再蓄積されて、目立つこぶができやすくなります。

小さな新しい瘤や大きくない瘤は、時間が経つと自然に消える場合があります。

瘤に溜まった液体を処理する治療方法としては、注射器を使用して液体を抜き取る方法や、圧力をかけて液体を分散させる方法があります。

しかし、瘤内の液体が固まってしまうこともあり、その場合は手術によって瘤を除去する必要があります。

神輿ダコに対しては、適切な医療機関で治療や手術を受けることが可能ですが、これらの方法で再発を防ぐことはできません。

再発や瘤の悪化を防ぐためには、神輿を担がないことが効果的です。

 

神輿ダコの痛みの変化

神輿ダコの痛みは形成される段階によって異なります。

新しくできた神輿ダコは肩の下の皮膚に炎症が起きており、触ると柔らかく大変痛みます。

この初期段階では、冷却治療を含む適切なケアが必要です。

しかし、神輿を続けて担ぐことで、ダコは硬くなり、徐々に痛みはなくなります。

これは、手にできる豆が時間と共に硬くなるのと似ており、硬くなった神輿ダコは痛みを感じにくくなります。

 

女性にも神輿ダコは現れるか?

昔は神輿が男性だけのものとされていましたが、時代が変わり女性も神輿を担ぐようになりました。

女性専用の神輿も現れ、女性が太鼓を打ちながら力強い掛け声で神輿を担ぐ姿は、男性のそれとは異なる魅力があります。

女性が神輿を担ぐことによる神輿ダコの形成も珍しくなく、夏場には特にオフショルダーや薄手の服を着ると、肩のこぶが目立つことがあります。

多くの女性はそれを誇りとして受け入れています。

 

神輿担ぎから生じる肩のこぶ:完全治癒へのアプローチ

神輿担ぎによってしばしば発生する肩のこぶは、神輿ダコと呼ばれ、お祭り参加者にとっては名誉の象徴となることが多いです。

このこぶの主成分は関節液で、自然に硬化するため通常は問題視されません。

しかし、見た目が気になる方、特に女性が結婚式などの大切なイベントを控えている場合、外見の改善を求めて治療を希望することがあります。

神輿ダコが形成されたばかりの場合、アイスパックを使った冷却や温浴中のマッサージが症状の予防や軽減に効果的です。

初期段階で柔らかい状態の神輿ダコには、鍼治療も有効な選択肢とされています。

さらに、蓄積された関節液を注射器で吸引する方法も一般的に行われます。

完全に硬化してしまった神輿ダコの場合、その除去には手術が必要となることがあります。

完全な回復を目指す場合、外科手術の選択が推奨されます。

相談すべき医療機関は整形外科で、不安や疑問がある場合は早めに専門医との相談をお勧めします。

ただし、治療後でも再度神輿を担ぐことでダコが再発する可能性があり、完全な予防策としては神輿を担がないことが挙げられますが、これはお祭り愛好者にとって難しい選択かもしれません。

したがって、定期的に整形外科を訪れて適切なケアを行いながら、予防に努めることが重要です。

 

神輿ダコの原因と予防策の概要

神輿を頻繁に担ぐことによって発生する神輿ダコは、多くのお祭り参加者にとって名誉の勲章とされることがあります。

多くの人々はこの状態を受け入れ、特別な対策を講じないことが一般的です。

しかし、新たに形成された神輿ダコは痛みを伴うことがあり、特に女性にとっては見た目が大きな問題となることがあります。

そのため、神輿を担いだ後は、肩の日常的なケアを行い、ダコが形成されないよう予防措置を講じることが大切です。

万が一、神輿ダコが発生してしまった場合は、早期に鍼治療を受けるか、整形外科を訪れて専門医の診断を受けることが推奨されます。