生活

みずほ銀行で新紙幣に両替する方法!両替機の使い方と手数料を無料にする方法!

みずほ銀行で新紙幣に両替する方法!両替機の使い方と手数料を無料にする方法!
Pocket

この記事では『みずほ銀行で新紙幣に両替する方法!両替機の使い方と手数料を無料にする方法!』と題してお届けします。

新しい紙幣への交換を検討していますか?

特別なイベントできれいな新しい紙幣を使いたいと思うことは多くの人にとって重要です。

そんな時には、みずほ銀行の提供するサービスが便利です。

みずほ銀行の口座をお持ちの方は、1日に1回、最大10枚の紙幣を新しいものに無料で交換できます。

結婚式や入学式、さまざまなお祝い事に新しい紙幣を使用するのは日本の伝統的な習慣です。

多くの方が交換手数料や手間について悩むことがありますが、この記事ではみずほ銀行の窓口や交換機を使って、どのように手数料なしで新しい紙幣に交換するかを詳しく説明します。

さらに、交換機の利用がどうして便利なのかもご紹介しますので、新しい紙幣が必要な際は是非参考にしてください。

それでは『みずほ銀行で新紙幣に両替する方法!両替機の使い方と手数料を無料にする方法!』最後までご覧ください。

 

みずほ銀行で新しい紙幣を無料で入手する方法

交換にかかる手数料を避けたい方へ。

みずほ銀行の口座を持っているなら、以下の方法で新しい紙幣へ無料で交換することが可能です。

  • 銀行内の交換機を利用する
  • 直接窓口で交換を行う

 

これらの方法について、さらに詳しく解説します。

 

みずほ銀行の交換機を使って新しい紙幣に交換することを推奨!

みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちであれば、1日に1回、無料で交換が可能です。

銀行設置の交換機を使用すれば、持ち込んだ現金を所望の額面に変更することができます。

新しい紙幣への指定も可能ですが、選択する際は注意が必要です。

キャッシュカードまたは交換専用カードを挿入し、必要な枚数を選択するだけで、書類の記入や長い待ち時間なく、窓口よりも手軽に交換できます。

交換機は銀行の営業時間中のみ利用可能で、ATMとは異なる点に注意が必要です。

営業時間は平日の9時から15時までです。

※土日祝日は利用できません。

※「交換機利用カード」は、みずほ銀行の口座を持つ法人や個人事業主に限って発行されています。

急な土日や祝日に新しい紙幣が必要になることもありますが、通常では入手が困難です。

土日に新しい紙幣を入手する方法もありますので、その詳細は別の記事でご覧ください。

 

みずほ銀行の自動両替機での無料新札両替枚数は?

みずほ銀行の自動両替機を使用すれば、長い列に並ぶことなく速やかに紙幣の交換が可能です。

無料で交換できる紙幣の枚数は以下のとおりです。

● 自動両替機では最大20枚の紙幣を投入可能

● 一日につき最大10枚まで無料で新札への両替が可能(両替後の紙幣枚数を基準に計算)

2019年9月までの期間には、一度の両替で最大500枚まで無料でしたが、現在は枚数制限が設けられています。

無料で新札への両替を行う場合の例

1万円紙幣×10枚を投入 → 新札1万円紙幣×10枚に両替

5千円紙幣×20枚を投入 → 新札1万円紙幣×10枚に両替

1万円紙幣×1枚を投入 → 新札千円紙幣×10枚に両替

また、硬貨への両替も10枚まで無料です。

例えば、1000円を100円硬貨×10枚に両替することが可能です。

 

みずほ銀行の窓口での新札両替手順

ずほ銀行の口座を持つ顧客は、一日に一度、無料で両替が行えます。

窓口での両替では、持参した紙幣と両替後の紙幣のどちらか枚数が多い方を基準にします。

以下で、無料で両替できる枚数の詳細を解説します。

 

みずほ銀行窓口での新札両替は最大何枚まで無料?

みずほ銀行のキャッシュカードを持つお客様は、毎日一度、最大10枚の新札へ無料で両替可能です。

両替を行う際には、顧客が通帳やキャッシュカードを提示し、両替前と両替後の紙幣枚数の多い方が基準となります。

11枚以上の両替を希望する場合や、口座がない場合は手数料がかかるため注意が必要です。

両替に必要な手続きや具体的な手順については以下の一覧表で詳しく説明します。

両替申請書に必要事項を記入し、窓口で直接新札に両替します。

このプロセスでは、同額面の新紙幣への交換も行います。

 

みずほ銀行|2024年版:最新の両替手数料と無料両替枚数について

2024年4月現在、みずほ銀行の両替手数料および無料で両替できる枚数についての情報をお知らせします。

みずほ銀行の口座保有者向け:

窓口での両替:

1日に1回まで、最大10枚の紙幣を無料で両替できます。

両替する際には、両替前後で数が多い方の紙幣枚数を基準にします。

「みずほ銀行キャッシュカード」使用時の両替機:

同じく1日に1回、最大10枚まで無料で両替可能です。

この場合、両替後の紙幣枚数を基準に計算します。

注意: 両替機は最大20枚までの紙幣を受け入れます。

また、両替専用カードはみずほ銀行の口座を持つ法人や個人事業主限定で発行されます。

 

みずほ銀行の円貨両替詳細

窓口利用時:

口座保有者: 1日1回、最大10枚まで無料。

口座非保有者: 10枚まで550円、11枚から500枚まで550円、501枚以上は初回1,320円で、以降500枚ごとに660円加算されます。

両替機利用時:

キャッシュカード使用: 1日1回、最大10枚まで無料。

両替専用カード使用: 初回無料、2回目以降300円。

11枚から500枚までは400円、501枚から1,000枚までは800円の手数料が発生します。

以上が、2024年4月時点でのみずほ銀行の両替サービスの詳細です。

みずほ銀行では、お客様のニーズに合わせて様々な両替オプションを提供しておりますので、ご利用の際はこの情報を参考にしてください。

【まとめ】みずほ銀行の新札両替ガイド:無料で利用できる条件と方法

みずほ銀行では、窓口と両替機の二つの主要な手段を通じて新札への両替サービスを提供しています。

これらのサービスは特定の条件下で口座保有者に無料で提供されます。

窓口での両替:

口座を持つお客様は、1日に1回、最大10枚の新札へ無料で両替することができます。

この際、両替される紙幣の枚数は、両替前または両替後のどちらか多い方を基準に計算されます。

11枚以上を両替したい場合や、口座がない場合には手数料が適用されます。

 

両替機を使用した両替:

キャッシュカードを持つ顧客は、1日に1回、最大10枚までの新札への両替を無料で行うことができます。

両替機では一度に最大20枚の紙幣を投入することが可能で、両替後の紙幣の枚数が無料サービスの基準となります。

また、両替専用カードはみずほ銀行の口座を持つ法人または個人事業主のみに限定して発行されます。

利用時間については、窓口と両替機ともに平日の9時から15時までとなっており、土日祝日の利用はできません。

新札が必要な場合、特に両替機の利用を推奨します。

手数料がかからず操作も簡単で便利です。

お祝い事などで新札が必要な際は、営業日に早めに手続きを行うことをお勧めし、年末など混雑が予想される期間は余裕をもって準備を行うことが望ましいです。

計画的に行動することで、必要な時にスムーズに新札を入手できます。

みずほ銀行は顧客の利便性を考慮して、様々な両替オプションを提供していますので、ご自身のニーズに合わせて最適な方法を選択してください。

それでは『みずほ銀行で新紙幣に両替する方法!両替機の使い方と手数料を無料にする方法!』の記事がお役に立てればうれしいです。