生活

【2024年】お盆休みはいつからいつまで?役所や銀行、郵便局、病院の営業日をチェック

【2024年】お盆休みはいつからいつまで?役所や銀行、郵便局、病院の営業日をチェック!
Pocket

この記事では『【2024年】お盆休みはいつからいつまで?役所や銀行、郵便局、病院の営業日をチェック!』と題してお届けします。

子どもの頃には「夏休み」がありましたが、大人になると、学校のように全員が一斉に休む「夏休み」はなくなります。

その代わりに「お盆休み」があります。

お盆と聞くと、8月を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

新暦の8月13日(盆の入り)から16日(盆の明け)までの4日間が一般的に「お盆」とされており、多くの企業がこの期間をお盆休みとしています。

また、この期間の前後にある土日や「山の日」の祝日、有給休暇を組み合わせることで、5日以上の長い休みが取れることもあります。

お盆休みには、実家への帰省やお墓参り、旅行など、それぞれの過ごし方があるでしょう。

ここでは、2024年のお盆休みがいつからいつまでなのか、詳しくご紹介します。

 

2024年のお盆休みはいつ?

2024年の8月13日(盆の入り)は火曜日、8月16日(盆の明け)は金曜日です。

そのため、13日(火)から16日(金)までの4日間が基本的なお盆休みですが、11日(日)は「山の日」の祝日、12日(月)は振替休日となるため、土日祝日が休みの企業では10日(土)から18日(日)まで最大で9連休が可能です。

9連休が取れれば、国内旅行はもちろん、海外旅行にも行くチャンスが広がります。

ただし、最近ではお盆に限定せず、7月から10月頃の好きな時期に夏休みを取る企業も増えているため、以前のようにお盆に休みが集中する傾向は薄れつつあります。

 

そもそもお盆って何?

お盆休みについて触れましたが、そもそも「お盆」とは何でしょうか?

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれ、先祖や亡くなった方の霊が生前過ごした場所に戻り供養される時期とされています。

日本では昔からお盆は重要な行事とされ、様々な風習があります。

 

 迎え火・送り火

先祖が迷わず帰ってこられるように、8月13日の夕方頃に野火を焚くのが「迎え火」、帰っていく霊を見送るために、8月16日の夕方頃に焚くのが「送り火」です。

京都で行われる大文字焼きも送り火の一つです。

 

精霊馬(しょうりょううま)

ナスやキュウリに割り箸を刺して馬や牛に見立てた「精霊馬」という供え物を作ります。

先祖が速く帰ってこられるように、脚の速い馬に乗ってもらうという意味が込められています。

また牛はお土産を持ってゆっくり帰って欲しいという意味が込められています。

主に東日本で見られる風習です。

 

お墓参り、盆踊り

家族でお墓参りをしてお供えをするのも、お盆の重要な行事です。

また、盆踊りで踊りを奉納することも、お盆の風習として広く知られています。

 

お盆の時期は地域によって異なる?

一般的にお盆は8月に行われますが、地域によっては7月や9月にお盆を迎えるところもあり、3つの期間に分かれます。

  • 旧暦7月15日(旧盆):沖縄地方など
  • 新暦7月15日(新盆):東京、横浜、函館、静岡など一部地域
  • 新暦8月15日(月遅れの盆):旧盆・新盆以外のほとんどの地域

 

もともとお盆は旧暦の7月15日を中心に行われていましたが、明治時代の改暦によって地域ごとにお盆の期間が異なるようになりました。

新暦7月15日がお盆の地域では7月13日から16日、新暦8月15日がお盆の地域では8月13日から16日がお盆期間として定番ですが、旧暦でお盆を迎える沖縄などでは、毎年日程が異なります。

旧暦は月の満ち欠けに基づいているため、年によってはお盆の時期が9月になることもあります。

 

2024年のお盆休みはいつからいつまで?

一般的にお盆休みは8月13日から8月16日までの4日間を指しますが、2024年は土日祝日とつながり、お盆休みが増える年です。

2024年のお盆休みは以下の通りです。

日付 日程 休み内容
8月10日(土) 土曜日 休日(土曜日)
8月11日(日) 山の日 休日(祝日)
8月12日(月) 振替休日 休日(振替休日)
8月13日(火) お盆(盆入り) 休日
8月14日(水) お盆(中日) 休日
8月15日(木) お盆(中日) 休日
8月16日(金) お盆(盆明け) 休日
8月17日(土) 土曜日 休日(土曜日)
8月18日(日) 日曜日 休日(祝日)

2024年は「山の日」と土日がつながるため、8月10日(土)から8月18日(日)までの9連休が可能です。

 

役所・銀行・郵便局・病院のお盆休みは?

官公庁(国や地方公共団体の役所、市役所など)、郵便局、金融機関、病院などは、基本的に土日祝日以外は通常通り営業しています。

お盆は祝日ではないため、8月13日(火)、14日(水)、15日(木)、16日(金)も通常通り業務を行っています。

ただし、メンテナンスなどの理由でこの期間にお休みをとる場合も増えていますので確認は必要です。

 

まとめ

【2024年】お盆休みはいつからいつまで?役所や銀行、郵便局、病院の営業日をチェック!いかがでしたか?

お盆休みのカレンダーを見て、「山の日が8月11日ではなく、8月12日だったらよかったのに!」と思ったことはありませんか?

そうすれば土日と重ならない年にも連休が増えたのに……。

実は、山の日を8月12日にしようという案があったそうです。

そうすればお盆休みと連続で休めるようになりますよね。

しかし、8月12日は日航機墜落事故が起きた日でもあります。

そのため、多くの方が犠牲になった日に祝日を設けるのは違和感があるということで、8月11日が山の日となりました。

旅行やお出かけの予定を早めに立てて、楽しいお盆休みを過ごしてくださいね。