観光

新幹線の乗車準備はいつから?始発駅では最大10分前、途中駅では約1分前!

新幹線の乗車準備はいつから?始発駅では最大10分前、途中駅では約1分前!
Pocket

新幹線の乗車準備はいつから?始発駅では最大10分前、途中駅では約1分前!と題してお届けします。

新幹線を利用する多くの人が疑問に持つポイントの一つに、新幹線にいつから乗れるのかという点でしょう。

始発駅での乗車の場合、新幸線がどこから始まるかによって異なります。

車庫からの出発の場合は、出発の10分前から乗車が可能です。

一方、終点駅で折り返してくる新幹線は、大体出発の5分前から乗車できることが一般的です。

途中駅では、新幹線が到着後、すべての乗客の降車を待ってからの乗車となりますので、ほぼ出発直前の1分前から乗ることが可能です。

この記事では、どのタイミングでホームに到達していれば、安心して乗車できるかについても解説します。

 

新幹線の乗車開始時刻はいつから?

始発駅での乗車準備

新幹線の乗車開始時間は、始発駅によって異なります。

主に、車庫から直接出発する場合と終点駅から戻って出発する場合の二種類があります。

車庫からの新幹線は、出発の約10分前から乗車できるようになります。

一方、終点から戻ってくる新幹線では、出発の約5分前から乗車が可能になります。

これは車両が清掃と点検を終えた後、乗客を迎え入れる準備が整っているためです。

 

始発駅以外での乗車

始発駅以外の駅では、新幹線がプラットフォームに到着してから、全ての降車客が降りきるまで待つ必要があります。

多くの乗客が降りる場合は、少し待たされることもありますが、通常は1分以内に乗車できます。

ただし、駅によっては接続する他の列車のために通常よりも長く停車することもあります。

使用する新幹線の時刻はオンラインの時刻表で確認が可能です。

この情報を事前にチェックしておくことで、駅のプラットフォームでの無駄な待ち時間を避けることができます。

 

新幹線自由席の乗車準備—最適なタイミングはいつ?

新幹線を利用する際、自由席を選ぶと事前に指定された席がないため、好きな席を確保するには早めにホームに行って並ぶことが重要です。

ホームでの位置取りが、乗車後の座席選択に直接影響するため、出発時間前には余裕を持って整列しておくことをお勧めします。

特に混雑する時期はホームでの待機時間が長くなることが予想されるので、事前に計画を立てる際にはこれを考慮に入れるとよりスムーズです。

 

繁忙期(ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)は約40~50分前

繁忙期は新幹線の混雑が特に激しくなります。

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの時期には、出発の約40分から50分前にはホームに並んでおくことが理想的です。

この時期は乗車率が非常に高く、座席が足りずに通路やドア付近で立つ乗客が出ることがあります。

座席を確保したい場合は、出発30分前には列に加わっておくと良いでしょう。

ただし、ホームが混雑している場合は、次の新幹線を待つことで座席を確保しやすくなる可能性があります。

 

通常期は約15分前

混雑していない時期は、新幹線の乗車が非常にスムーズに進みます。

普段は出発の15分前にホームに到着するだけで、自由席にすぐに座ることができることが多いです。

繁忙期を避けた時期には新幹線が満席になることも少なく、多数の車両が運行しているため、一人旅でも座席を簡単に見つけることが可能です。

ただし、複数人で隣同士で座りたい場合は、週末や休日も含めて、出発の20分前にはホームにいることを推奨します。

このように、時間に余裕を持って行動することで、快適な旅行が実現します。

 

新幹線の指定席を利用する際の最適なホーム到達時間

新幹線の指定席を事前に予約している場合、出発間際にプラットフォームに到着しても大丈夫です。

指定席料金を支払う理由は、自分の座席を確実に確保するためであり、列車に乗ってからゆっくり席につくことができます。

ただし、時計の誤差など予期せぬ事態を避けるために、列車の出発5分前までにはホームに到着していることが推奨されます。

 

まとめ:乗車時のポイント

新幹線の乗車準備はいつから?始発駅では最大10分前、途中駅では約1分前!いかがでしたか?

自由席を選んだ場合は、出発15分前にはホームにいるのが一般的です。

予約した指定席の場合は、出発の5分前までにプラットフォームにいれば、余裕を持って乗車できます。

始発駅では、列車が出発するおよそ5分から10分前に乗車手続きが可能です。

繁忙期に自由席を利用する際は、少なくとも50分前にはホームにいるべきです。

自由席は指定席と比べて料金が低く、繁忙期でも追加料金がかからないため、多くの人に選ばれています。

また、駅構内が不慣れな場合には、乗車口を見つけるのに迷う可能性もありますので、十分な時間を見て早めにプラットフォームに向かうことが望ましいです。