観光

グリーン車の車内販売なぜ来ない?買い方とメニューや値段を調査!

グリーン車の車内販売買い方!メニューや値段を調査!
Pocket

この記事では『グリーン車の車内販売なぜ来ない?買い方とメニューや値段を調査!』と題してお届けします。

リラックスした旅行や忙しい通勤中でも、グリーン車の車内販売を利用して快適に過ごしたいですよね。

グリーン車での移動中に飲食を楽しみたいと考える人も多いでしょう。

そう、多くの人にとってグリーン車の車内販売は、移動の楽しみの一つです。

でも来ないことも、その理由も調べました。

私自身もグリーン車を利用する際、車内で提供される様々なメニューに期待しています。

グリーン車で提供される車内販売には、飲料、スナック、軽食などがあり、メニューも調査しました。

さらに、車内販売の際に利用可能な電子マネーの種類や、サービスが提供されない場合の理由についても触れています。

それでは『グリーン車の車内販売なぜ来ない?買い方とメニューや値段を調査!」を読んで、グリーン車での旅行をより一層楽しんでみてください。

 

グリーン車で車内販売が来ない理由は?

「グリーン車に乗っていても、なぜか車内販売が来ない」という経験をしたことがある方もいるかもしれません。

その理由について調査しました。

車内販売が行われない可能性のある理由は。

  1. 指定された車両や区間では車内販売がなかった。
  2. 乗車区間が短すぎる
  3. 車内が過度に混雑している。

 

が考えられます。

 

東海道新幹線でのグリーン車限定車内販売

2023年10月31日をもって、東海道新幹線ではワゴン車による車内販売を終了し、2023年11月1日からはグリーン車限定の車内販売が開始されました。

  • 対象列車:「のぞみ」「ひかり」の全列車のグリーン車
  • 区間:東京~新大阪
  • 購入方法:モバイルオーダー(各席に設置されたQRコードから注文)

モバイルオーダーの手順は各座席ポケットの「おもてなしのご案内」にあるQRコードをスキャン。

表示されたメニューから商品を選択し注文 商品到着後、現金または交通系電子マネーで支払い。

これにより、ワゴン車の販売のように急いで選ぶ必要がなく、ゆっくりと商品を選べます。

同様に、乗務員を呼び出すことも可能です。

グリーン車以外の普通列車にある「多目的室」にもQRコードが設置されており、乗務員を呼び出すことができます。

 

グリーン車の車内販売の一般的な流れ

①車内販売の準備室からスタート

②グリーン車を最優先で車内販売

③その後、自由席や指定席へ

通常、この順番で車内販売が行われます。

グリーン車が優先されるため、自由席など他の席では車内販売に時間がかかることがあります。

準備室付近やグリーン車のチケットを購入することがおすすめです。

また、車内販売がない列車や区間もありますので、乗車前に確認することを推奨します。

 

グリーン車の車内販売ではどんなアイテムがあるの?

  • 飲み物
  • スナック
  • パン
  • アルコール
  • おつまみ
  • 弁当

これらのメニューについて、JR東日本とJR東海の車内販売サービスを参考に詳細を見ていきましょう。

JR東日本では、「通常列車グリーン車」で提供される車内販売のメニューを確認できます。

新幹線や特急列車の車内販売は、JR東日本のサービスページで詳細を見ることができ、これらの列車ではグリーン車以外でも車内販売が利用可能です。

 

グリーン車の社内販売:JR東日本のメニュー

  • 飲み物:自動販売機と同じような価格帯。
  • スナック・おつまみ:コンビニ価格より少々高め。
  • 限定「東京駅丸の内駅舎最中」:2023年11月1日~2024年2月29日の期間限定販売。
  • パンなどの軽食:さまざまな種類があります。

 

グリーン車の社内販売:JR東海のメニュー

JR東海リテイリング・プラスの提供するメニューは以下のものです。

  • ホットコーヒー:¥400
  • ミネラルウォーター:¥140
  • スジャータアイスクリーム(チョコレート):¥400(販売状況により異なる)
  • POMポンジュース:¥190
  • ザ・プレミアムモルツ:¥360
  • スーパードライ:¥330
  • 山崎12年(氷、水、炭酸水付き):¥1,470(数量限定)
  • おつまみセレクション:¥500
  • 特性幕の内弁当:¥1,500
  • ミックスサンドイッチ:¥680
  • その他、ポテトチップスやアイスクリームも販売。

 

グリーン車の車内販売の支払い方法

「交通系電子マネー」も対応可能グリーン車での車内販売では、現金だけでなく「交通系電子マネー」も使用できます。

利用できる交通系電子マネーは次の通りです:

  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(東日本旅客鉄道)
  • Kitaca(JR北海道)
  • TOICA(JR東海)
  • manaca(名古屋鉄道)
  • ICOCA(JR西日本)
  • SUGOCA(JR九州)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • はやかけん(福岡地下鉄)

 

連結される普通列車(湘南新宿ライン・東海道線など)のグリーン車の車内販売

新幹線や特急列車には全国各地でグリーン車がありますが、普通列車にグリーン車が連結されるのは「JR東日本」の路線のみです。

以下の路線でグリーン車の車内販売が行われています

  • 湘南新宿ライン
  • 東海道線
  • 上野東京ライン
  • 常磐線
  • 高崎線
  • 宇都宮線
  • 横須賀線
  • 総武線快速

これらの路線の車内販売メニューは、JR東日本サービスクリエーションのウェブサイトで確認できます。

 

普通列車とグリーン車の主な違い

普通列車とグリーン車にはいくつかの違いがありますが、特に重要なのは以下の3点です。

①より快適な座席

②コンセントやWi-Fiの利用可能性

③車内での飲食物販売サービス

 

普通列車に接続されたグリーン車の利点と欠点

グリーン車の利点

旅行中にリラックスできる、通勤時に混雑を避けることができる、移動中にパソコンで作業ができる

 

グリーン車の欠点

グリーン車でも時には混雑し、座席を確保できないことがある。

ただし、一般の普通列車ほどの混雑はありません。

 

普通列車に接続されたグリーン車の料金

グリーン車の料金は、平日と休日で異なり、休日は200円安く利用できます。

事前に購入するとさらに割安です。

 

グリーン車の料金:平日料金(12月29日~1月3日を除く)

50kmまで:事前780円、車内1,040円

51km以上:事前1,000円、車内1,260円

 

グリーン車の料金:休日料金(土日祝日、12月29日~1月3日含む)

50kmまで:事前580円、車内800円

51km以上:事前840円、車内1,060円

 

普通列車接続のグリーン車券の購入方法

グリーン車乗車券の購入方法は主に3つです。

モバイルSuica ApplePaySuica 券売機 これらの方法では「事前料金」で購入が可能です。

 

モバイルSuicaでのグリーン車券購入手順

  • モバイルSuicaアプリを開く
  • トップページから「定期券・グリーン・チケット購入」を選択
  • 「Suica グリーン券」を選択
  • 注意事項を確認して「OK」
  • 乗車駅と降車駅を入力し、「次へ」
  • 購入確認画面で、クレジットカードかGoogle payを選択
  • 購入額確認画面で金額を確認して「購入する」

 

ApplePaySuicaでのグリーン車券新規購入手順

  • Suicaアプリを開く
  • Suica一覧から「グリーン券」を選択
  • 「新規購入」を選択
  • 乗車駅と降車駅を入力/選択し、「次へ」
  • 購入内容を確認し、決済方法を選択

※券売機での購入方法 事前にSuicaへのチャージが必要です。

 

券売機でのグリーン車券購入手順

  • 券売機の「グリーン券」ボタンを選択
  • 「Suicaグリーン券」を選択
  • Suicaを挿入
  • 降車駅を選択
  • グリーン車降車駅を選択
  • グリーン券情報が記録されたSuicaが戻る

Suicaの利用で「JRE POINT」を活用しましょう。

Suicaの利用でポイントが貯まり、チャージや商品交換に使えます。

利用にはJRE POINTへの登録が必要です。

 

普通列車グリーン車の乗車方法

グリーン車の停車位置で待ち、車の出入り口から乗車します。

座席上の「グリーン券情報読み取り部」にSuicaをタッチし、ランプが緑に変わるのを確認します。

降車時にはタッチは不要ですが、座席移動時には新しい座席で再度タッチが必要です。

 

グリーン車の乗車券の払い戻し方法

グリーン車の満車時の払い戻し

グリーン車が満席であっても乗車券が必要です。

普通列車に移動する際には、グリーンアテンダントから「不利用証明」を受け取ってください。

払い戻しは手数料なしで行えます。

 

グリーン車が満席でない場合の払い戻し

未使用で購入日当日の場合のみ払い戻しが可能ですが、手数料は220円かかります。

 

まとめ

『グリーン車の車内販売買い方!メニューや値段を調査!』いかがでしたでしょうか。

グリーン車の車内販売メニューと支払い方法、車内販売が提供されない理由についても紹介しました。

乗車前に、車内販売の有無を確認することをお勧めします。

この記事が楽しい旅のお手伝いになると嬉しいです。

それでは『グリーン車の車内販売買い方!メニューや値段を調査!』最後までご覧いただきありがとうございました。